男女の価値観の違いが、ショッピングの仕方の違いにも大きく影響を与えています。

男性と女性でのショッピングの仕方の違いとは

 

買い物をする女性

 

女性の買い物に付き合わされて、うんざりした経験がある男性は多いでしょう。
それとは逆に、見た目を考えない性能重視の男性にセンスが無いと落胆する女性もいるはずです。
性別の差によって、なぜこのようなすれ違いが起こってしまうのでしょうか?
その疑問を紐解くために、男性と女性でのショッピングの仕方の違いを解説したいと思います。

 

脳の構造の違い

 

まず、そもそも男女で脳の構造が違うのは広く知られている事実です。
脳の構造が違うのですから、男女でショッピングに差が出るのが当然なのです。

 

性能にこだわる男性

原則として男性は、商品の性能にこだわりを持つ傾向にあります。
液晶テレビであれば、画面のサイズ、画素数、インターネットなどの性能や機能を他の商品と比較するのが男性です。
男性はその商品がどれだけ価値があるものかを客観的に見て判断します。
多少デザインが悪くても性能が良ければ買ってしまうこともあるでしょう。

 

男性のショッピングの傾向

 

雰囲気にこだわる女性

腕を組む女性

一方の女性は、商品の雰囲気にこだわりを持つ傾向が強いです。
性能も大切なのですが、それよりもその商品を部屋に置いたらどのような印象になるかを考えます。

 

他にも、その商品があることで自分の生活がどれだけ幸せになるかをイメージするのです。
そのため、女性はデザインをとても重視しますし、部屋に置いた時や使用する時の自分を大切にします。
液晶テレビであれば、性能が悪く画面が小さくても、部屋に置いた時に調和が取れるならそれで満足できるのです。
このように女性の買い物は男性と違い主観で実行されます。

 

女性のショッピングの傾向

 

 

 

この男女の価値観の違いが、ショッピングの仕方の違いに繋がっているのです。
男性は性能を他の商品と比較して客観的に判断しますが、女性はその商品が自分をどれだけ幸せにするかという主観で判断します。

 

異性と買い物を行う時は、この価値観の違いをしっかりと認識しておかないといけません。
どちらが良い、悪いではないのです。

 

これは持って産まれた性別の特徴なので、それを理解して寄り添うことが求められるでしょう。
自分の価値観と違うからと言って、相手の価値観を否定しまうことは避けなければなりません。
友人や恋人と買い物へ行く時は、何を重視しているのか事前に確認しておくと良いです。

 

商品を買うプロセス

 

さらに、細かい部分で違いを挙げて行くと、商品を買うプロセスにも大きな差があります。

 

男性は事前に買うものを決める

男性は事前に買う物を決めて、お店へ最終確認へ向かいます。
この時、既に他社の商品と値段や性能を比較まで行っている男性も多いでしょう。
このような特徴を持っている男性は、商品を買ったらすぐにお店を出て行きます。
お店に長く留まる意味が無く、合理的な理由も無いのです。

 

女性は買うまでのプロセスが重要

では、女性はどのようなショッピングのプロセスを辿るのでしょうか?
女性は商品を買うまでのプロセスが楽しいか、幸せであるかを重視しています。
お店の雰囲気が楽しそうで、いろいろな商品が置いてあるのかも重要なポイントになります。
たくさんの商品の中から、自分が一番気に入った商品を買いたいと思っているのです。

 

店員の対応も商品購入の大きな理由になります。
優しい店員が親切にしてくれた、イケメンの店員がおすすめしてくれた、そんなことが理由で購入を考える女性も少なくありません。
女性にとって買い物とは一種の娯楽なのです。
ただ目的の物を買うだけではなく、そのプロセスがどれだけ楽しいかを重視しています。

 

 

購入後での男女の違い

 

そして買った後でも男女の差は明確に表れるのです。
男性は気に入った商品を他人には秘密にして、他人よりも良い商品を所持している優越感に浸ります。
独占欲と言っても良いでしょう。
人気が出た商品を嫌いになるのも、男性の方が圧倒的に多いのです。

 

女性は買った商品がお気に入りになると、クチコミで友人やネットで拡散するのです。
多くの人に同じ商品を買ってもらい、自分と共感してくれる人が増えて欲しいと思っています。

 

メガホンを持つ女性

 

男女のショッピングの仕方について理解出来たでしょうか?
これを踏まえた上で異性とショッピングに行けば不要なイライラを無くせることでしょう。
時には異性の好感度を上げるかもしれないので、覚えておいてください。

 

買い物でのお金の使い過ぎには注意が必要です。しかし、どうしても欲しいものがあるときはクレジットカードのショッピング枠を現金化するという方法もあります。その仕組みや注意点についてはこちらでご確認ください。

ショッピング枠の現金化