女性はお店にあるものを見て、未来のイメージを膨らませるのが楽しいのです。

商品を買うプロセス

 

女性は商品を買うだけでは、心の底から満足したと言えません。
商品を買うプロセスにもこだわるのが女性なのです。

 

本を見る女性

買い方についてですが、そもそも女性は漠然としたイメージを持っただけで買い物へ行きます。
何となく洋服が欲しい、可愛いアクセサリーが欲しい、新しいバッグが欲しい、などが挙げられます。

 

この時点では、どのブランドのどんな商品を買う、と言った明確なビジョンはありません。
男性であれば買い物へ行く時点で買う商品や類似商品の性能比較を終えているでしょう。
ですが、女性は類似商品の性能や値段の比較を行ったりはしないのです。
お店に行って、その場にあるものを見て未来のイメージを膨らませるのが楽しいのです。

 

女性が買い物で求める情報について

 

買い物のステップ

買い方もいくつかのステップに分かれています。

お店の雰囲気

最初のステップとしてはお店の雰囲気を楽しむことから始まります。
お店の照明、匂い、店員の対応、商品のラインナップ、店内BGMなど、これらを総合的に評価します。
何かが少しでも女性の好みに合わなければ、商品を購入する意欲は下がってしまいます。

 

商品を探す

次のステップでは、実際に商品を探すことを行います。
見て回って、手に取って見て、試着してみて、それを何度も繰り返します。
1つ1つの商品を見て、幸せな未来をイメージして楽しんでいるのです。
ここが男性に理解されにくい女性ならではのこだわりだと言えるでしょう。

 

買い物相手

最後のステップは誰と買い物をしているかです。
友人と買い物しているか、恋人と買い物しているかでも女性の楽しみ方は変わって来ます。
誰とどんな会話をしながらショッピングしているのかさえも、買い方のこだわりになるのです。

 

ちなみに、店員との会話もこだわりの1つになります。

店員の対応が優しかったり、イケメンの店員であったりすれば、それは女性が物を買う立派な理由です。
女性の悩みや好みに共感してくれるようであれば、それは非常に魅力的な商品へと早変わりします。
極端な話ではありますが、女性はそれぐらい買い方にこだわりを持っているのです。
男性は女性にこだわりがあることを知ることから始めてみましょう。
理解して寄り添う余裕が持てれば、女性とのショッピングが好きになるかもしれません。