男女のショッピングでは、異性の行動心理を理解して寄り添うことが大切です。

男女で買い物を楽しむには

 

カップル

 

恋人同士のショッピングは楽しいものです。
ですが、デートで女性の買い物に3時間も付き合わされて、ぐったりしてしまう男性も少なくありません。
どうすれば男女が仲良くショッピング出来るのでしょうか?
ここでは仲良くショッピングするためのコツを紹介したいと思います。

 

女性側の配慮

1つ目のコツは、何を買うのか明確にして、なるべく目的の商品を買うようにすることです。
これは男性へ配慮したショッピングのコツです。
男性は商品を購入した結果に満足感を得る生き物です。
そのため、女性が男性をショッピングに誘う場合は、何を買うのか伝えておくのが良いでしょう。

 

伝えるだけではなく、なるべく目的の商品を購入するのもポイントです。
良い商品が無ければ無理に買う必要はありませんが、買っておく方が男性の満足度は高くなります。

 

特に、ショッピングにかける時間が長いほど、商品を購入した結果が無いと男性は不満に感じます。
女性は様々な商品を見て、それを使用した時のシチュエーションを想像して楽しい気持ちになっています。
たくさんの共感も得られて非常に満足しているでしょうが、男性は商品購入の結果が無いといけないのです。

 

女性のショッピング心理を知らない男性からすれば、こうした行動は身勝手に見えてしまいます。
恋愛において、この身勝手に思われることは大きなマイナスなので注意しましょう。

 

男性側の配慮

ちなみに、男性も女性に大して配慮が必要です。
女性は商品を買うことがゴールではないのです。
商品を買うプロセスを大切にして、共感や商品購入後の楽しい未来を想像しています。
共感の気持ちを示さずに、商品の性能だけを見て他の物を購入するように勧めるのは間違いです。

 

女性と一緒にショッピングをする場合は、その商品を利用した時にどんなシチュエーションがあるか考えてみましょう。
そうした会話をすることで、会話の弾む仲睦まじいショッピングを行えるはずです。

 

恋人同士の買い物であれば、ついつい相手の言動に我慢してしまいがちです。
我慢を続けてストレスを溜めるよりも、異性の行動心理を理解して寄り添う方が遥かに健全的です。

 

女性が買い物で目移りする理由