男性は類似商品や価格の比較を行った結果、最終確認をするような気持ちでお店へ行きます。

男性は事前に目的を決めておく

 

ショッピングを行う時、男性は結果が良ければ何も問題は無い思っています。
女性からすれば楽しんで買い物をしないことに疑問を感じるでしょう。
ですが、男性は買い物を楽しむよりも、優れた商品を手に入れたという結果さえあれば良いのです。

 

男性はショッピングする際に目的を持って行動します。
パソコンを買う、家電を買う、バイクを買う、などの明確なビジョンがあります。
そして、男性は商品の性能を重視するので、類似商品や価格の比較も怠りません。
こうした情報を分析した結果、最終確認をするような気持ちでお店へ行くのが男性なのです。

 

あくまでも目的は良い商品

 

カート

 

どうせ買うなら友人と楽しく買い物したり、雰囲気の良いお店で買い物したり、という感情はまったくありません。
女性から見るとつまらないショッピングに見えるかもしれませんが、これが男性の買い物の仕方なのです。

 

商品を買ったことで楽しい未来を想像出来るかを重んじる女性とは違い、優れた商品を買った結果さえあれば男性は満足します。
この優れた商品を買う行為は、他人よりも良い商品を持っている、という自己満足に浸りたいためです。
男性は競争する本能があるので、それがショッピングに傾向として表れているのでしょう。

 

このような傾向が強いからこそ、男性は女性の買い物に付き合うのが面倒なのです。

男性が女性の買い物に付いて行きたくない理由はこれが原因になっています。

 

女性側が配慮したいこと

女性からすれば商品を見て回る行為は、幸せな未来を探す楽しいものです。
しかし、男性からすれば商品を購入するという結果を出さないショッピングは苦痛でしかありません。
同じ店内だけならまだしも複数の店舗を見て回る女性には、男性は心底呆れているでしょう。

 

男性は事前に買う物を決めてからお店へ行きます。
類似商品の情報も調べているので、わざわざお店の中をウロウロする必要は無いのです。
商品を買う、という結果だけ手にすれば良いのです。

 

ちなみに、男性は女性の買い物に付き合わされることで、すさまじいストレスを感じています。
楽しい買い物デートにするのであれば、事前に買う物を決めておく、時間を決めておく、などが有効です。