女性はショッピングする際には、共感をキーワードに行動します。

女性が商品を選ぶ時の傾向

 

女性の買い物が長い可愛いだけで物を買っている、そう嘆く男性が居ます。
しかし、女性のこれらの行動はまったく不思議ではありません。

 

女性なら誰もがこのようなショッピングを行っているのです。
男性からすると不合理だと思うかもしれませんが、そもそも女性は理屈でショッピングをしていません。
女性はショッピングする際に、共感をキーワードに行動していると覚えておきましょう。

 

共感とは、女性は本能で求めてしまう性質でもあります。
そのため、それがショッピングに表れてしまうのは当然と言えるでしょう。

 

女性はイメージが大事!

服を選ぶ女性

女性は商品を買う時に、幸せな自分をイメージ出来るかがポイントになっています。
商品を部屋に置いた時に見栄えが良いか、商品を持ち歩く自分がきれいに見えるか、などを基準にしています。

 

つまり、性能は二の次で重要なのは幸せなイメージなのです。
他の類似商品と比べるよりも、目の前にある商品が主軸となっています。
これが冒頭で触れた女性のショッピングにありがちな行動と繋がるのです。

 

ショッピングが長引くのは、目の前にある商品を1つ1つ見て幸せな自分をイメージして行きます。そして、性能ではなく最も幸せなイメージを描きやすかった商品を買うのです。

 

男性からすれば不可解極まりない女性のショッピングですが、実はこうしたプロセスを経ています。
もっと性能が良い物があるのにと思う男性も多いでしょうが、その言葉をどうにか飲み込むようにしましょう。

 

ショッピングの過程

また、ショッピングの過程も女性にとっては重要です。
まったく同じ商品でも、友人と楽しくお喋りしながら買う、お店の雰囲気が良い所で買う、などを大切にします。
そのため女性は、どこで買った誰と一緒に買った、というショッピングの状況を良く覚えています。

 

女性のショッピング傾向はこのようになっているので、覚えておくと役立つでしょう。
男性であれば女性のショッピングに理解を示し、女性であれば客観的な視点を持つと賢い買い物が出来ます。

 

ショッピングが苦手な人は、男女の考え方をそれぞれ参考にしてみてはいかがでしょうか?